プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、リバース・スピーチ分析家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』、『世界を変えるNESARAの謎』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


忙しくなってきた

朝はまだ霜が降りている状況ですが、そろそろ春という雰囲気になってきました。
先日は、近くでフキノトウをとって天ぷらにし、また、ぺんぺん草をお浸しにして食べました。
そして、ここ1週間、筋肉痛になりながら、荒地化していた場所を掘り起こして、竹などの地下茎を取り除き、
ジャガイモを植えていたのですが、本日、ようやく4キロ植え終わったところです。
霜が降りるのもそろそろ終わるのではないという時期になってきたので、次は春・夏野菜の種まきです。
これまで大丈夫だったのですが、この冬から、白菜、ほうれん草、絹さや、ウスイエンドウなど、鳥に全部食べられてしまったので、今度の冬からはちゃんと対策しないといけない・・・。山に居ると、なかなか手間がかかりますね。

23日(木)昼間[健康と代替科学・謎学]教室開催!

下の案内のように、23日(木)に[健康と代替科学・謎学]教室でミニ講演を行います。
和室で開催で、ヨガ瞑想教室のあと、アットホームな雰囲気の中、北芝健さんとご一緒に行います。
話す内容はいくらか変更があるかもしれませんが、太陽からの電磁波、銀河・恒星等から降り注ぐ放射線だけでなく、
もっと身近なソース、例えば、動植物、さらにバクテリア、カビ、ウィルスなどからの生命活動としての電磁波など、
様々な波動が我々の健康を決定づけていること、そして、調和・同調が重要であること等、話したいと思っています。
平日昼間ですので、参加の難しい方の方が多いとは思いますが、時間もたっぷりとってあり、
逆に参加できる方は、貴重な体験になるか?(笑)しれません。
ささやかなものですが、おやつ(軽食?)等も準備したいと思っています。
場所は川崎駅から徒歩で近く、便利な場所にあります。
お時間の取れる方、ご参加頂けましたら幸いです。

http://blog.livedoor.jp/fiana_fin/archives/51651192.html

20170323セミナービラ


新装完全版『超不都合な科学的真実』

『≪闇権力≫は世紀の大発見をこうして握り潰す』がヒカルランドから発売されたようです。アマゾンでは在庫がないようですが・・・。
拙著『超不都合な科学的真実』(徳間書店)をお読み頂いていない方、どうぞご一読頂けましたら幸いです。

そして、6月10日(土)に出版記念講演をヒカルランドパークで行います。生物・医療・反重力まで、波動をキーワードにお話しする予定です。今年の講演会はこれをメインにしたいと思っています。
合わせてよろしくお願いします。




18日トークショー

昨日、有楽町で行われた北芝健さんとムー編集長三上さんのトークライブにゲスト出演してきました。
タイムリーな金正男暗殺最新情報がメインという感じでしたが、話題は広範囲に及んだ感じです。
予想外の来客数と暖房効果で会場は熱気にあふれ、ユーモアたっぷりの北芝さんのトークに、都市伝説と言いながらディープな三上さんの話、なかなか面白かったです。その後の打ち上げも30人近く来たのではないかという勢いで、自分は久々に都会に出ていろいろな人と会話をしたという感じでした。(笑)

『【闇権力】は世紀の大発見をこうして握り潰す』

今月末、『【闇権力】は世紀の大発見をこうして握り潰す』がヒカルランドより発売されます。
拙著『超不都合な科学的真実』を土台とした新装完全版です。内容的には基本的に同じですが、いくらか部分的にアップデートして、冒頭にもう一つネタを加えてあります。
超不都合な科学的真実』をまだお読み頂いていないという方は、今度の新刊の方をお読み頂けましたら幸いです。どうぞよろしくお願いします。




««前のページ  | ホーム |  次のページ»»