プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


携帯電話と脳腫瘍に不都合な関連性?

ビジネスジャーナルにタイトルのようなテーマで寄稿しました。
ご一読頂けましたら幸いです。

http://biz-journal.jp/2017/04/post_18726.html

新刊『ついに反重力の謎が解けた!』の出版にあたり・・・

1年以上前にほぼ書き上げていたものですが、ようやく新刊『ついに反重力の謎が解けた!』がヒカルランドより出版されることとなりました。

古代人は巨石を空中浮揚させて運んでいた!
そんなことを信じるのは馬鹿者だと思われるでしょうが、世界中に同様なことを伝える神話や伝承はたくさんあります。近代を振り返れば、科学者が実験中に偶然空中浮揚現象に出くわしたり、発明家が意図して空中浮揚現象を成功させてきた例もあります。
そこで、自分は馬鹿者となって、過去の膨大な事例を大真面目に比較分析してみることにしました。そうしたら、意外にも共通点や法則性を発見しました。そして、さらに研究を進めることで、大きな発見が多々あり、最終的には、やはり神話や伝承は本当のことだったのだと感じるようになりました。
今度の新作では、古代の[空中浮揚=反重力]技術の謎解きを行います。もちろん、すべてが分かったわけではありませんが、一部の方法においては、かなり解けたのではないかと思っています。
1冊の本が伝える情報は膨大ですが、専門的な予備知識は不要で、誰でも楽しめるように書きました。下のように、無料動画も作ってみました。出版されましたら、どうぞご一読頂けましたら幸いです。





ビジネスジャーナルに寄稿しました

ビジネスジャーナルに毎月寄稿しているのですが、今回は中国における電気自動車の普及に関して、記事にしてみました。ご一読頂けましたら幸いです。

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18437.html

23日(木)昼間[健康と代替科学・謎学]教室開催!

下の案内のように、23日(木)に[健康と代替科学・謎学]教室でミニ講演を行います。
和室で開催で、ヨガ瞑想教室のあと、アットホームな雰囲気の中、北芝健さんとご一緒に行います。
話す内容はいくらか変更があるかもしれませんが、太陽からの電磁波、銀河・恒星等から降り注ぐ放射線だけでなく、
もっと身近なソース、例えば、動植物、さらにバクテリア、カビ、ウィルスなどからの生命活動としての電磁波など、
様々な波動が我々の健康を決定づけていること、そして、調和・同調が重要であること等、話したいと思っています。
平日昼間ですので、参加の難しい方の方が多いとは思いますが、時間もたっぷりとってあり、
逆に参加できる方は、貴重な体験になるか?(笑)しれません。
ささやかなものですが、おやつ(軽食?)等も準備したいと思っています。
場所は川崎駅から徒歩で近く、便利な場所にあります。
お時間の取れる方、ご参加頂けましたら幸いです。

http://blog.livedoor.jp/fiana_fin/archives/51651192.html

20170323セミナービラ


新装完全版『超不都合な科学的真実』

『≪闇権力≫は世紀の大発見をこうして握り潰す』がヒカルランドから発売されたようです。アマゾンでは在庫がないようですが・・・。
拙著『超不都合な科学的真実』(徳間書店)をお読み頂いていない方、どうぞご一読頂けましたら幸いです。

そして、6月10日(土)に出版記念講演をヒカルランドパークで行います。生物・医療・反重力まで、波動をキーワードにお話しする予定です。今年の講演会はこれをメインにしたいと思っています。
合わせてよろしくお願いします。





««前のページ  | ホーム |  次のページ»»