プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


繁忙期序盤戦

春になり、畑の外では、フキノトウ、ペンペングサ、ノビルを収穫。菜の花はまだ成長待ちです。しかし、これらは自分で育てたわけではありません。畑では、去年の秋に種蒔きして、まだ残っている大根やニンジンを収穫している程度。また、連日消費しているサツマイモも昨年から貯蔵してあるものです。そのため、畑で初物と言えるのはまだほとんどないのですが、本日、畑というか庭で、今年初のニラを収穫しました。
うちはニラをかなり消費することもあり、庭に大量に植えてあります。というか、植え過ぎて、大量消費を余儀なくされてきたのかもしれません。(笑) ニラは株元でちょん切っても、また成長して、年に何度も収穫できます。そのサイクルが早い故に、余計にそんな傾向が強くなるのだと思います。因みに、冬の間、枯れてもそのままにしておけば、春になるとまた自然に生えてきて、何年か収穫できます。アスパラガス同様に、かなり楽をできる野菜です。
ニラと言えば、ギョーザやニラ玉などが代表的な料理かと思いますが、うちでは「そうめん餃子」という謎の料理に多用されます。作り方は正確には分かりませんが、おそらく、茹でたそうめんに、棒状の大豆ミートとニラを、小麦粉か片栗粉に卵で絡めて(時々山芋等の繋ぎが入る)、フライパンで一口サイズのお好み焼きのように焼いて、ポン酢で食べます。天ぷらを天つゆにつけて食べるよりも、かなりさっぱりしていて、なかなかいけます。なぜ餃子という単語が入るのかは謎ですが、見た目として、餃子の底が焦げた感じと似ているところはあるのかもしれません。しかし、どちらかというと「そうめんお好み焼き」の方が近いように思います。

さて、今は夏野菜向けに種蒔きと苗を育てる時期です。うちは鳥がとても多くやってくるので、タネをなかなか直播きするわけにはいかず、それがネックです。年が明けてから、大根の葉っぱなども、かなり食われています。大豆、トウモロコシ、落花生、インゲンなど、特に要注意ですが、去年ムクドリなどを観察したところ、6月には見なくなったので、その時期まで待って、思いっきり遅蒔きが良いのかもしれないと思いますが、厳重に?鳥対策を行って、普通の時期に播くのもやってみようかと思っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |