プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ガンは感染症!?

先日、ガンの原因、メカニズム、治療法は既に確立されていて、それに関して詳述した本の出版を待っているという話をしました。その中で、ガンは日和見感染の結果であると書きました(http://keimizumori.blog.fc2.com/blog-entry-93.html)。
もちろん、現在の正統医学の認識では、ガンは微生物による感染が原因とは考えられていません。基本、遺伝子変異が原因と考えられているものの、腫瘍を伝染させることが可能なため、ウィルスの関与も否定しないという認識が一般的だと思います。
ただ、古くからガンは感染症だと考えられてきたにもかかわらず、それではなかなか説明がつかないとして、途中で投げ出され、そう考える医学者は馬鹿にされてしまうため、もはや口に出すこともできないような状況が作り上げられてきたと捉えるのが妥当ではないかと思います。
ここでは、あえて感染症かどうかを詳細に議論しません。既に代替医療の多くの研究者らが感染症説を支持し、議論していますし、ガンは既に克服されているはずの病気ですので、前に進みたいと思います。
今回は、一つだけ、このテーマと関わる発見をした人物についてお話ししたいと思います。

Albert_Davis.jpg

1936年、アルバート・ロイ・デイヴィス氏(1915-1984)は、永久磁石のN極とS極とでは、異なる性質のエネルギーが発せられていることに気づきました。繰り返し実験を行った結果、永久磁石のN極にだけ曝された生物は、元気に成長・繁殖した反面、S極に曝された生物は大人しくなることを確認しました。そして、永久磁石を、人間を含めた動物の健康に役立てることを考え、さらに実験を繰り返した結果、N極は生物を元気にするというよりも、野性的にして、食事量を増やすものの、寿命はむしろ短くすることに気づきました。他方、S極は、生物を大人しく、繊細、そして知的にして、食事量は減らしたものの、寿命を伸ばす効果があることが分かりました。
永久磁石を治療目的で利用する場合、動物的で野性的にするN極効果は、ある意味では捨てがたいのですが、寿命を伸ばすS極効果の方が有効的に活用できることが分かりました。それは、特に体内(患部)に病原菌となる微生物が存在する場合に言えます。そんな患部にN極を当ててしまうと、病原菌という生物の活動を野性的に活発化させてしまい、病状を悪化させてしまうからです。もちろん、例えば、ただ足を打撲したという怪我の場合、患部に病原菌は存在しないので、N極を当てても、特別な問題は生じません。しかし、患部に病原菌となりうる微生物が存在するかどうか分からない場合、N極の使用にはリスクがあります。
さて、ここでお気づきと思いますが、デイヴィス氏はガンに罹った動物に対してもこの実験を行っています。腫瘍のある場所にN極を当ててみたところ、癌腫がすぐに成長してガンを進行させてしまう結果に直面したのです(因みに、S極はガンの進行を遅らせることができました)。つまり、N極は患部に存在した微生物を野生化させてしまったのです。
そこで、デイヴィス氏が出した結論は、「ガンは微生物を原因とした感染症」であるというものでした。人間が診断を下すには、大変な検査が必要ですが、永久磁石はとてもシンプルに機械的に結論を出してくれます。
医学の専門家たちは、単純に証明できるような材料がないという理由ではなく、様々な感情や思惑があってか、ガンが感染症であるという結論を否定してきたように思えますが、永久磁石は常にガンは感染症であるという結論を出し続けていたのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |