プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


穴の補修

先日、ちょん切られて危ないお梁を下から支えるために柱を立てました。その際、天井と床に穴を開けて作業をしました。この時期、寒いので、部分的に穴を開けるだけで作業を進めましたが、そんな穴程度でも、ちゃんと塞がないと冷気が入り込んで暖房効率が落ちてしまいます。
という訳で、穴を塞ぐことにしました。天井の穴をどうふさぐかが一番悩みました。というのも、火打ち金物で補強しているため、その複雑な形状に合わせて穴を加工せねばならないからです。
結局やった方法は、天井板を二重にして、上で塞ぐ方法です。金具のところを境に、板を二枚に分けて、金具の形に穴を開けて、両側から合わせて、天井裏からネジ止めしました。

ceiling4.jpg

柱と梁の接合部分にはまた別の補強金具があり、火打ち金具の周りでも、どうしても隙間ができてしまいます。仕方ないので、そのあたりはテープでふさぎました。ただ、見た目が悪いので、もともとあった天井板を戻して、目隠しをした感じです。

ceiling2.jpg

はっきり言って、手抜きです。この天井板(たぶん壁用の化粧板を転用したものだと思う)は、丸鋸といった機械を持っていないので、手で切ったもの。やはり、切り口が汚い。(汗)まあ、手作り感たっぷりの家で、今後もあちこちいじる可能性が高いので、これでいいかといういい加減な感じです。

床の穴、つまり、柱の下部周辺は耐熱耐火処理する予定なので、結局見えなくなる…。ということで、これもそのまま戻して、いい加減で済ませました。まだ全体的に工事中で、こんな感じですが、これからさらに変わるので、いずれはもう少しまともになると思います。

hashira20140116.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |