プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


種まき

そろそろ春が近づいてきたため、夏野菜用の苗を準備する季節となりました。タネを探してみたら、今シーズンはだいぶ減っていたことに気付いたので、いくらか注文したところです。相変わらず、安い固定種専門です。
普段、できるだけ自家採種を行うように考えているのですが、気が付くと、タネ用に残さねばならなかった野菜を食べてしまった!ということが発生します。(汗)
キュウリ、スイカ、メロン、カボチャ、枝豆(大豆)、黒豆、落花生、ウスイエンドウなどは忘れないのですが、タネの小さなものは、面倒なこともあり、つい忘れてしまいます。そして、新たに購入せねばならなくなります。ただ、こういった機会に、これまで育てたことのない品種を選ぶ機会も出てきます。
トウモロコシは動物被害で努力が報われないため、今年はあえて糖度の低い品種を一つ選びました。春播き可能なカブ、大根、ニンジンなども加えて、今シーズンは量よりも品種を増やそうと考えています。例年、一つの品種を作り過ぎるぐらい作ってしまいますので…。
ポリポットにタネをまいて室内で育て、暖かくなったら苗を外に出して日に当てますが、場所の確保が一番の難点です。出窓はポリポットであふれかえり、次第にベランダは足の踏み場がなくなっていきます。
そして、早く畑に移動して植え付けるために、急いで植え付け場所の確保もしていくので、おそらく来月下旬頃から夏にかけては、かなり忙しくなりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |