プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


無事終了?

今日は小規模ホームパーティーを開きました。直前に不参加となった人も出たので、料理はやや小規模に修正。参加者が美味しいおでんをたっぷりと持ってきてくれたこともあり、先日の小アジはやや抑えて40匹をから揚げにして出しました。お陰様で好評だったようで、一気に消費して頂き、もっと揚げとけば良かったかも、という感じでした。自分は小さなおにぎりと焼き芋を作っておきました。あとは、1週間弱漬けた大根に味噌ピー。もちろん、サツマイモ、大根、落花生は我が家で収穫したもので、小アジは自ら釣ったものです。
お土産をいろいろと頂いてしまったこともあり、カブのサラダは作り忘れ、用意していたデザートも出し忘れるというヘマをやらかしました…。(汗)

まあ、それでも、静かな田舎の環境で、暖かい小春日和にも助けられ、くつろいでいただけたようで、若干一名、縁側で爆睡。前日までお疲れだったので、敷きクッションと枕を出して休んで頂いただけなのですが、空いている部屋ではなく、縁側がいいとのことで、やはり、古民家?の縁側は落ち着けるようですね。

しかし、ボロ家なので、まだまだ直したり、補強すべきところがあり、特に床下エリアは、早いところ作業を終えてしまいたいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |