プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


残り43匹分?

昨日、懸案だった仕事がようやく一段落した。という訳で、久々に釣りに行ってきました。ただ、今回は少々プレッシャーがありました。

というのも、以前小アジを50匹釣ったという前例から、妻にまた50匹ほど小アジを釣ってきてほしいと言われていたのです。来週にホームパーティーを予定しているため、その際、一口サイズの小アジのから揚げがあれば、お客さん向けの料理としてちょうど良いとのことでした。

しかし、仕事やリフォーム、畑仕事など、いろいろと忙しくて、気が付くと、もう師走。ホームパーティーも近づいている。1回勝負で小アジ50匹って、そろそろ厳しい時期なのではないか? 

そんな不安もありながら挑んだのが今日でした。天気は小春日和で最高でした。早めの昼食をとって、1時半頃から4時頃までの真昼間。人間には最高でも、釣りにはいい時間帯とは言えませんね。潮は満ちてきていたものの、ものすごく穏やかな海でした。水の中を覗き込むと、前回よりはるかに魚影は少ない。

まず、前回と同様と思って、水深5メートルより浅めの棚をしばらく探ったのですが、これで時間をロスしてしまった。魚影もあまり見えないし、今日はダメかなって感じもあったのですが、いろいろと試してみたところ、水深6~7メートルぐらいの棚にアタリがあったので、そこで始めたところ、ようやく釣れ始めた。しかし、肝心のコマセが切れた(持って行ったのが僅かに300グラム程度だったので、当たり前か?)。仕方ないので、サビキの針に一匹ずつ小エビを付けて、カゴは空でただのおもり。そんな状態でやりましたが、3時過ぎると寒くなってきてね…。

結局、今回のアジの釣果は、50匹なんてほど遠い、5匹でした(他にヒイラギ数枚釣れましたが)。これでは、ホームパーティーに出せる数ではありません。救いは、前回と違って、13-14㎝2匹と18㎝1匹が釣れたことです。ただ、どうやって食べるか、さばきながら悩みました。

写真を撮影した後、18㎝のアジは、丸ごとから揚げでは大きすぎるので、3枚におろしました。すると、小アジ2匹分じゃん!と思ってしまった。つまり、計5匹ではなく、計6匹かな? いや、背骨も合わせれば、7匹かな? そう考えたら、さばいたアジをラップに包んで冷凍庫に……。

つまり、近々あともう一回行って、残りの43匹分?を釣ってくればいいじゃん!という結論。という訳で、残りワンチャンスあるかどうかという日程になりそうですが、いくらか作戦を練って再チャレンジしに行こうかと思います。パーティー参加予定者で、アジのから揚げが出なかったら、釣れなかったか、釣りに行く機会がなくダメだったとご理解下さい。(笑)

aji120413.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |