プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


屋根裏掃除

昨日は適度に暖かく、屋根裏の掃除を行いました。なぜ屋根裏?と思われる方もいるかもしれませんね。
以前、ここでも書いたように、屋根裏でネズミが暮らしていた形跡があったからです。
夏の間に屋根裏に登るのは地獄です。ウルトラマンの許容時間3分間を超えて、根性で留まっても30分でしょうか。中はサウナ状態で、汗だくになってしまうのです。それで、ちゃんとした掃除は昨日まで先延ばしになっていました。冬なら、もっと長時間留まっても、それほど苦になりません。

敷き詰められた断熱材を一枚一枚めくりながら、あるわあるわ。ネズミの糞。ぼろぼろで臭いの移った断熱材は処分。糞など細かいものは小さ目の箒と塵取りでとりました。そして、何年も前のものと思われる白骨化ネズミをもう一体確保しました。(笑) 冬暖かい薪ストーブの上あたりに好んで居たようです。

屋根に上ったり、屋根裏に入る際には、地下足袋は役立ちます。屋根裏では釘が飛び出している場所もあるので、移動には注意せねばなりません。足を踏み外せば、天井を破って落っこちてしまいますし…。この辺りでは、田舎の所為か、足袋は980円のものから売っています。そうしょっちゅう使わないので、かなり長く使えると思います。

そろそろ年末の大掃除で、本来なら、障子も張り替えねばならないところですが、まだまだ汚れるようなリフォームが残されているので、今回はパスします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |