プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リバース・スピーチ療法

【リバース・スピーチ(RS)は、声を逆再生してみると意味をなす声が聞き取れるという不思議な現象です。それは、録音時に意図的に細工されたり、ただ偶然にそのように聞こえるというものではなく、発言者の深層意識(本音)が露呈したものと考えられ、アメリカやオーストラリアでは嘘発見器として犯罪捜査に活用されたこともある驚異的な現象です。】

 リバース・スピーチ技術は、ヒトの無意識(深層意識)を覗き見ることを可能とし、 顕在意識下では探り得ない情報を露わとするため、既に医療の分野での画期的な療法として、 自己啓発のための強力なツールとして、そして、仕事やプライベートで重要な決断を下すためのツールとして、役立てられています。
 無意識は、自身のことをほぼすべて知っています。それは、自分の好き嫌いを知っていて、感情的・心理的な要求を理解しています。それは、何が自分に病気をもたらしているのかを知っていて、心理的・肉体的な様々な問題の解決法ですら知っています。無意識は前もってプログラムされた(自ら課した)行動パターンに従うため、自分の人生を規定して、時に成功すら阻害することもあります。

 オーツ氏は自らのリバース・スピーチ技術でヒーリングに成果を発揮しています。 例えば、ある女性は自分の人生に前向きに生きていこうと話していたにもかかわらず、リバース・スピーチでは 【私は新たな悲痛を求めている(I am wanting new grief)】と言っていました。 起業したいと考えているビジネスマンからは、 【俺は馬鹿だ。またくだらないことを追い求めている。(I am stupid. Following new muck.)】 というリバース・スピーチが、またある女性からは、【私は苦痛を必要としている(My need for pain.)】というリバース・スピーチが発せられていました。これらのケースは、無意識が意識的な欲求を妨げ、否定的な思考パターンに 従ってしまっていることを示しています。
 では、どのようにして無意識による妨害作用に対処し、結果を変えるのでしょうか? オーツ氏によれば、正しい「問い」が発せられれば、リバース・スピーチは この妨害作用を変える方法すら示してくれるのだといいます。
つまり、クライアントに自分の抱える悩み事や関心事を声に出して喋ってもらいます。そうすると、裏ではとても示唆的なリバース・スピーチが得られることがあるのです。

 例えば、自身が経済的に困窮していることを話したある女性は、 リバース・スピーチでは【私の悲痛に働きかける(Work on my grief)】と発していました。また、自身が抱えていた鬱状態の改善について語った女性の場合は、【もっと日光が必要(Need more sunlight)】だとリバース・スピーチで発していました。
 つまり、両者とも、無意識が直接話しかけ、抱える問題に対する解決法を与えていたのです。
 時に不吉なケースもあります。ある女性は結婚生活の改善について語った際、【あなたが生きている間に愛を取り戻しなさい(Heal the love while you're living)】 というリバース・スピーチを発していました。
 これは切迫したメッセージだったようで、数日後、その女性は家庭争議であわや殺されそうになったのでした。 それは、まるで啓示のように適切な時期に現れていたと言えます。

リバース・スピーチは、ピンポイントで問題の核心を突いてくることもあります。例えば、異性関係に繰り返し失敗することを漏らしていたある女性のリバース・スピーチには、【私は性的虐待を受けてきた(I have been molested)】と現れていました。彼女は、過去の出来事によって異性関係を健全に長続きさせることができずにいたのが分かりました。また、愛を求めていたある男性は、簡潔に【幼年時代(The childhood)】とリバース・スピーチを 発していて、幼年期に十分な愛を受けられずに育ってきたことが浮き彫りとなりました。そのため、オーツ氏は専門のセラピストに会うよう彼に的確な助言をすることができました。

 また、オーツ氏自身、一緒にビジネスを行なおうと考えていた人物がいましたが、その人物から【私は嫌でたまらない(I'm so full of shit.)】というリバース・スピーチが得られ、一緒にビジネスを行うべき相手ではないことを明確に悟った経験を持っています。オーツ氏はリバース・スピーチのコンサルティングを提供してきましたが、タスマニアのクライアントの一人はビジネスにおいて産業スパイのリバース・スピーチに警告されました。また、シドニーのあるクライアントは、特定の投資に対してリバース・スピーチが警告してくれたことで、 数千ドルものお金を無駄にせずに済みました。一方、リバース・スピーチのアドバイスを無視して、数か月後にはベンチャーの失敗で 大金を失った人もいるといいます。

このように、自身のリバース・スピーチに耳を傾けることは幅広い分野で極めて建設的です。無意識からの声は、ある人にとっては、守護霊、魂(ソウル、スピリット)、ハイアーセルフといった存在からの声と同様に重い意味を持つのです。リバース・スピーチは、自身を客観視して、トラウマを癒し、自己啓発に役立つ強力なツールと言えるでしょう。

因みに、私の方でもリバース・スピーチの分析サービスを行っています。リバース・スピーチがどの程度現れるのかに関しては、個人差がありますが、リバース・スピーチが得られないということはほとんどありません。現在意識で思っていることと、潜在意識で感じていることが一致して安心するケースもあれば、 顕在意識では分からなかったことが実際にリバース・スピーチとして見えてくるケースもあります。いずれにしても、多くの場合、リバース・スピーチは役に立っているものと思います。
 詳細は下記リンクをご覧いただけましたら幸いです。
http://www.keimizumori.com/reversespeech/analysis.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |