プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リバース・スピーチの建設的な活用法

【リバース・スピーチ(RS)は、声を逆再生してみると意味をなす声が聞き取れるという不思議な現象です。それは、録音時に意図的に細工されたり、ただ偶然にそのように聞こえるというものではなく、発言者の深層意識(本音)が露呈したものと考えられ、アメリカやオーストラリアでは嘘発見器として犯罪捜査に活用されたこともある驚異的な現象です。】

リバース・スピーチは、ヒトの本音を暴きうる興味深い現象ではありますが、わざわざ人様の嘘を暴くようなネガティブな関心で利用されることはあまりありません。それは、あくまでも不思議な現象であることを示すためのデモンストレーション、あるいは、その潜在能力の一側面を示すものにすぎないと言えるかもしれません。
むしろ、RSは自分が抱える仕事や健康上の問題などの核心と解決法を探るツールとして建設的に利用される方が多いのが現実です。実際、発見者のデイヴィッド・ジョン・オーツ氏は、RSをセラピーやコンサルティングにおいて大いに役立てています。

リバース・スピーチにおいては、ヒトの顕在意識では知り得ない深層心理・無意識を反映する言葉が現れてくる傾向が見られます。自分の顕在意識と無意識・潜在意識が同一のことを求めていれば、ヒトはあまりトラブルを抱えることなく日々の生活を送ることができるように思われます。しかし、一致していない場合、何をやっても上手くいかないといったことが起こり得ます。本当の自分が求めていることと、顕在意識で求めていることが一致しないと、仕事や健康面で支障が起こりやすくなります。

本当の自分は何を求めているのか? 本当の自分は、顕在意識の自分に対してどう思っているのか? 特に、何らかの障害に出くわした場合、それは誰もが知りたがることだと思われます。表面的な自分の欲が顕在意識としてAという生き方を強く求めているとしても、自分の心の奥底ではBやCといった選択肢を求めているかもしれません。もしそれを知ることができたら、おそらく、貴殿も有意義な人生を送ることができるようになるでしょう。

もちろん、RSは必ずしも具体的かつ詳細に、自分に助言を与えてくれるとは限りません。個人差があり、ほとんどRS自体を見つけられないケースもあります。しかし、多くの場合、10分で数か所は現れます。そして、特に関心の高いテーマに対しては、何らかのRSが現れる可能性は高まります。そして、運が良ければ、自分の深層意識が自分に対して語りかけていることをRSで確認できます。これは、多くの場合、家族や友人の助言を超える価値をもったものとなります。

RS分析はヒトの本音を暴くという陰険な目的ではなく、建設的な目的で自分のために役立てることができるツールです。詳細は、『驚異のリバース・スピーチ』をご覧いただきたく思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |