プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


草刈り

畑というか、畑の周囲の草刈りを終えました。今年はこれで最後になって欲しいところです。そう思って、残っていた菜の花のタネもばら撒きました。毎年、草刈りが最後になる時はほっとします。

さて、現在の畑の状況ですが、夏野菜はオクラ、シシトウ、ミニトマトがまだ収穫できています。ミニトマトは、勝手に生えてきて、地を這わせているものですが、最盛期同様に十分美味しいです。最後のスイカも今日収穫。

そして、秋らしく、サツマイモに加えて、落花生も収穫を始めました。繰り返し台風でダメージを受けてきた大根ですが、タネを多めにまいておいたので、何とか自分が食べる分程度は生き残っているようです。但し、カブはかなりやられました。大半は、これからという時に強風で折れてしまったものです。例年であれば、連日カブを食べている時期なのですが…。

新たな種まきは、来年5・6月に向けて、ソラマメ、絹サヤ、スナップ豌豆、ウスイエンドウです。過去何度もキュウリの跡地に植えていますが、連作しても問題ないようなので、今回もそうしたところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |