プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


寒いスイカ

suika20131018.jpg

うちの畑では、まだスイカがあります。昨日、ラス前のスイカを食べました。小玉の中でも、大きさは十分でしたが、さすがに、暑い時期に育ったのとは違い、色がややピンク。未熟の時のピンクではなく、完熟でありながらも、オレンジがかったような赤という感じでした。甘味は少々足りませんでしたが、それでもおいしく食べられました。

ただ、寒くて、薪ストーブを炊きながら食べました。(笑) あと1個収穫していないのが残っていますが、さすがにあまり食べる気がしない感じです。
うちの前の家の人が、なってる柿の実を自由にとって食べて構わないと言ってくれていて、柿の方に意識が向かっているところです。

近くまた台風がやってくるとのことで、この秋の野菜はまったく期待できそうにありませんが、今は、トウガンを楽しんでいるところです。トウガンは、自分で植えていないのですが、落ちていたタネから勝手に生えてきて、そのままにしておいたら、実ったものです。生でサラダにしてもおいしいですし、もちろん、加熱した料理でも美味しく食べられます。大きな木にツルが絡みつき、巨大な実を高い木から垂らしたまま落ちてこないのを時々目にしますが、トウガンの生命力は凄いですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |