FC2ブログ

プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『世界を変えてしまうマッドサイエンティストたちの【すごい発見】』、『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


変顔

3か月前に我が家にやってきた元野良猫のクロちゃん。推定4歳のメス猫で、避妊手術のあと、引き取ったものです。
最初は、一人になると、寂しくて泣いてばかりで、作った壁によじ登るなど、なかなか行動を抑えるのが大変でした。が、1か月が経過すると、良く寝るようになり、落ち着いてきた。そして、さらに1か月が経過すると、いろいろなモノで遊びたがるようになり、騒がしく動き回るようになって、最近では、テーブルの上に置いといたモノがいつの間にか消えていることも・・・。
こちらは、朝晩の冷え込みが厳しいですが、不思議とクロちゃんは寒いところが好きで、暖かいところを避ける傾向あり。野良猫時代の厳しい環境に慣れてしまっているのかもしれませんね。

82831636_2661597810555790_4957438371883384832_n.jpg


スポンサーサイト



コメント

クロちゃん

水守さん
クロちゃんのご紹介ありがとうございます。
以前のブログで「猫もなかなか可愛い」と、この猫ちゃんと水守さんとのファーストコンタクトを読んだ記憶があります。クロちゃんの一件で漱石の「吾輩は猫である」を思いだしました。
2020-02-15 09:29 T #uvrEXygI URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |