プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


引き戸の修理

我が家には写真のような古い引き戸があります。なかなか風情があるので、今後も使っていきたいものなのですが、問題がありました。もともと、開き戸だったものを、前に住んでいた人が引き戸としてリサイクルしたようで、蝶番を取り付けた跡などが残っています。まあ、洗面所と納戸の間の引き戸なので、細かい部分での見た目は気にしていません。問題は別のところにあります。引き戸にすると、敷居で通すために、上の溝に入れるべく、角を削る必要があり、そのようになっているのですが、それがいい加減にのこぎりで削ったようで、角が欠けたり、ひび割れが入っていて、突起部分が半崩壊状態。上の溝での引っかかりが外れそうで、かなりガタガタいってたんですね。これを放置すると、そのうち、完全に欠けて、戸が倒れてきてしまいます。

hikido2013-3.jpg

それで、急きょ、補修することにしました。粗く削られていた部分はノミで削り、細くて丈夫そうな木を木工用ボンドと小さな釘で当てて、なおも埋まらない隙間にはパテを埋め込んだり、木くずをボンドと一緒に詰め込みました。
それで、出来上がったのが下です。濃い茶色の部分がもともとの木。ややグレーがかった部分がパテを埋め込んだところ。薄い色の木が新たに添えて補強したものです。微妙に垂直は外してしまっていますが、これで何とかガタガタいうこともなくなり、簡単に敷居の溝から外れることもなくなりました。

それにしても、ボロ家の再生には細かい部分で手を加えるべき個所が多いですね。

hikido2013-1.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |