FC2ブログ

プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


植物が好む音楽と「同調の法則」

 何年も前のことですが、拙著において、植物はクラシックや民族音楽などは好む一方、ロック音楽は好まず、聞かせていると、成長が鈍化したり、枯れてしまうことに触れました。これは、60年代アメリカでかなり実験・研究されたものです。それで、自分はロック音楽においては、エレキギター、ベース、シンセサイザーなど、交流電源を使った楽器が利用されていることがその理由かもしれないと指摘しました。当時、特別深く考えることなく、漠然とそのように想像しました。ただ、それ以後、そんな分析を行っていたことに関してはすっかり忘れていました。
 それで、最近になって、重力を操ることができたジョン・キーリーほどではないとしても、同調の法則に気付くようになって、ふと思い出しました。リズムや周波数、和音など、考えるべき要素は多々あるものの、やはり、交流電源を使った楽器の使用が大きな理由であると。
 そこには深い理由があります。同調の法則です。キーリーの研究者は世界中にたくさんいますが、残念ながら、字面を追いかける程度で、彼の言いたかった同調の法則について深く理解できた人はいなかったのかもしれません。いろいろと資料を見ましたが、全然解説されていません。結局、予備知識は忘れて、自分で考えていたら、ふと思い出したかのように「そういえば・・・」と見えてきたところがあります。
 15日(土)のセミナーにおいて、同調の法則について図に描いて説明したいと思っています。これは、古代人の科学を理解する助けにもなりますが、現代人が科学を発展させるうえで、最も重要なことかもしれません。


9月15日(土) 出版記念セミナー@ヒカルランドパーク
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000001940


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |