プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


畑の現状

現在、多くの野菜は自宅の庭で栽培していますが、場所をとるものや、比較的放置状態でなんとかなるものに関しては、畑で行っています。例えば、サツマイモ、落花生、大豆、ラッキョウ、ニンニク、大根などです。
先日、ようやく思い出して写真撮影を行いましたが、畑というよりも、ただ草が茂っているという雰囲気にしか見えませんね…。

写真に写っているエリアは全体の3分の2程度で、実際のところ、その半分も使い切れていない状態です。近く、使い切れていないエリアの草刈りを行ったら、菜の花のタネでも播こうかと思っています。菜の花は、春の到来を鮮やかな黄色い花で告げるだけでなく、食してもとても楽しめるものです。放置しておくと、雑草よりも先に青々と目を出してくれるので、実にありがたい。

katsuura-hatake2013-1.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |