プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


花見の衝動

近く、障害者の一団を花見ならぬ、葉桜を見せ連れていく予定があり、その下見を兼ねて月曜に茂原公園に行ってきました。
今は既に満開ですが、下見の段階ではその1歩手前。それでも十分花見を楽しめた感じでした。平日にもかかわらず、あまりの人出にびっくりでした。

mobarapark20180326-3m.jpg

また、木曜は、茂原の川の近くの駐車場において、両手から血を流し、体を砂や草で汚したおばあちゃんを発見。認知症で、自分の名前、住所、電話番号も分からず、とりあえず、連絡した地元警察がやってくるまで、手を洗ったりしていたのですが、会話の中で、自分が通っている施設の名前が出てきて、一緒に居た人がそこを知っていて、それを頼りに身元が判明。救急車が到着して、あとは任せた感じでしたが、川沿いの桜を見に、外に出て、かなり歩いた先で転んだようでした。幸い、反応が良かったのか、手以外に怪我はなく、腕でちゃんと体を支えられたものと理解。
桜が咲く季節になると、外に出たがる気持ちはわかりますね。

我が家では、今はツクシをよく食べています。近く、薪用の伐採木を集めに行く際、また別の野草を見つけてこようかと思っています。
この季節は、ようやく出てきたニラ以外、自分で育てるものは何も収穫できず、自然が頼りですね。

mobarapark20180326-4m.jpg


スポンサーサイト

コメント

やっと春の景色見れました

ミズモリさん、
認知症のおばあさんのお世話ご苦労様でした。

今の時期は春の野草が美味しいです。
タラの芽の天ぷらやその酢みそのお浸し、蕨の天ぷらなど。
私は横浜南区在住です。大岡川沿いの桜並木は満開を過ぎていたのでしょうか、北秋田から単身赴任(独身ですが)で半月ぶりに戻ってきて、まだ葉桜前の状態を見れました。綺麗な景色に心が癒されました。
2018-03-31 23:20 #- URL [ 編集 ]

一度、 ケイ・ミズモリ さん、水守 啓 さんに個人的に お会いしたいのです。

おはようございます。
勝田幸男・万物大精霊ユキオの件で、水守さんに、お会いして 御話し したい思いになっています。
どうぞ宜しくお願いします。 勝田惠美子
2018-04-01 08:23 勝田惠美子 #b/UvYaec URL [ 編集 ]

>やっと春の景色見れました

コメントありがとうございます。親戚が川沿いに住んでいるので、大岡川の桜は何度か見に行っています。屋形船も出て、なかなかきれいなところですね。
近所ではタラの木が見つけられず、姿の似たカラスザンショウばかりで、がっかりでした。
2018-04-01 20:10 水守 啓 #v5lfmkqE URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |