FC2ブログ

プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


野草食

昨日、フキノトウを天ぷらに、ぺんぺん草(ナズナ)をお浸しにすべく、収穫したことを書きました。
実際、そのようにして食べたのですが、他にも、昨秋収穫したサツマイモ、冷蔵庫にあったレンコンとブナシメジも天ぷらにしました。
で、さらに、カラスノエンドウをかき揚げにして、花を咲かせたホトケノザも試しに天ぷらにしてみました。

実は、昨夜は近所の友人が来たので、一緒に夕飯を食べました。その彼は、電気をほとんど使わない生活をしていて、一軒家で10Aでやっていて、ご飯は一斗缶で火を起こして、ハンゴーでご飯を炊いているというツワモノ。自分は最初は二人で20A生活を試したものの、エアコン付けて電気ポットでお湯を沸かすとブレーカーが落ちるので、今は30A。これでも、かなり頑張っている方だと思いますが・・・。

それで、彼にはまずお浸しを食べてもらって、これは何か分かるか聞いてみたのですが、やっぱり分からず。
フキノトウ、レンコン、サツマイモ、ブナシメジは分かるとして、カラスノエンドウやホトケノザも分からず。
そもそもどんな草なのか良くわかっていないようだったので、図鑑を持ってきて、写真を見せたら、「ああ、その辺にたくさん生えてる奴か」と理解。それにしても、こんなに美味いものだとは知らなかったと、たいそう感動してくれていました。

ただ、天ぷらにしてしまうと、何でも美味しくなっちゃうんですよね。(笑) カラスノエンドウは、以前、お浸しにしてみたことがあるのですが、ぺんぺん草ほど、繰り返し食べてみたいとは思わなかったので、天ぷらでかき揚げ風にするとちょうど良い感じ。
ホトケノザは、たまたま目に付いたので、味見感覚で試したところ、やはり、天ぷらにしてしまうとそこそこいけるというところでした。

ベジタリアン食でしたが、サツマイモもあったので、かなり腹が膨れました。そのうち、また違う野草も試してみようかと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |