プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


「農」シーズンの始まり

ようやく暖かくなってきましたね。今日はアマガエルが鳴いていました。今年初の鳴き声なので、例年よりも遅い印象です。
そして、夕方の日差しが長く感じられ、急速に季節が変化しているように感じました。

そろそろジャガイモを植えるべく、2週間ほど前から畝づくりを行っていたのですが、本日、10メートル3本半を何とか終わらせ、種芋5キロを植えたところです。ジャガイモは連作障害が出やすいこともあり、今回、荒地化していたところを耕したので、かなり苦労しました。竹の根を何本も取り出して、綱引き状態で引っ張っては、ちぎれてぶっ倒れることも・・・。(汗) 来年からは5キロではなく、4キロに減らしたくなりました。そして、すぐ隣で昨年ジャガイモを植えていたのを思い出してしまい、境界付近でちゃんと育つのかどうか、微妙なところかもしれません・・・。

まとまった量を育てるのは、他にサツマイモと落花生を予定しています。この二つはかなりいい加減に植えてもちゃんと育ってくれるので、結果はどうあれ、既に今シーズンで最大の重労働?を終えたということになるかもしれません。

という訳で、ほっとしたところではありますが、これから様々な野菜の種まきラッシュです。限られた庭の畑スペースで、どの野菜をどこに植えるようにローテーションしていくか、そろそろ難しい段階になってきました・・・。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |