プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


アケビとシロマダラ

うちの畑の隣は草がぼうぼうで荒れています。時々草刈りを行いますが、ここまで草を刈るというぎりぎりのところに、アケビが生えています。昨日、ようやく食べごろのを見つけて、持ち帰りました。
特別魅力がある食べ物という訳でもないのですが、妻は食べたことがないと言っていたので……。
もちろん、中身はタネだらけなので、ただ甘味を感じるアメのようなもので、子供の頃に山で見つけるおやつとしては、それなりに楽しるものでした。アケビを食べて、妻がどんな顔をするかと見ていたら、固まっていました。(笑)
やはり、少し甘いだけで、食べた心地がしないという感じだったようです。

akebi100313.jpg

まあ、アケビは、地域によっては、皮を食べる方がポピュラーなのではないかと思います。今回はわずかな量しかなかったので、アク抜きをして、細かく切って、野菜炒めに混ぜて食べました。かなり渋みがあるので、アク抜きをしても、いくらか苦みが残ります。でも、ちょうど良い苦みのような気がします。
あと一週間ぐらいすれば、もう少しまとまった量のアケビがとれる予定です。その際は、もっと定番とされるアケビ料理を食べてみようかと思います。

今回、アケビを取るために、藪に入り、アケビのツルが絡む木に手を伸ばして取りましたが、その木の枝に小ぶりのヘビがからまっていました。初めて目にしたヘビです。なんだろうと思って調べてみたら、シロマダラというヘビでした。意外とお目にかかれないヘビとのことでした。これはラッキー!
因みに、写真はウィキペディアからです。

shiromadara.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |