プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


畳ベッドの制作

近く我が家に両親がやってくることになりました。もう高齢です。体にガタがきています。特に父親は腰が悪く、畳に布団では寝起きが辛く、ベッドが必要です。しかし、我が家は築60年近いボロ屋で、仕事場、居間、納戸はフローリングにしたものの、あとは和室です。いずれ納戸には窓を付けて、洋室としてリフォームしようと考えていますが、すぐにはそれを実行できません。どこの部屋に置くにしても、まずはベッドが必要なので、いつものように自作することにしました。

現在、6畳の和室をフローリングにして仕事場にしていますが、その際、畳6枚のゴミが出て、先日まで納戸に畳が残っていました。健康のためには、畳に布団で寝るぐらい硬めが良いと感じていて、父親もフニャャフニャのベッドをやめて、いずれ畳ベッドに変えたいと言っていました。

そこで、状態の悪い畳3枚を処分、2枚は予備にストック、そして、1枚をベッドに利用することにしました。イメージは、ベッドの骨格を作り、スノコ状態にして、その上に畳を載せる感じです。畳のサイズは、普通のシングルサイズの布団よりも小さ目です。そのため、骨組みは100x200cmレベル以上として、その中に畳をはめ込み、表面は平らになるように考えました。

幸い、まだベッドの骨組みに使えそうな廃材が残っていました。ネジも廃材に刺さっていたものを抜いて、状態の良いものを再利用。
しかし、スノコ面やヘッド部分を作る木材だけは足りず、1400円ほど出費して7本ほど追加。そして、下のようなスノコベッドの骨組みを作りました。

bed-b.jpg

両脇の木材が手前に張り出していますが、そこをヘッド部にして、枕の上に時計とか、何か小物が置けるように加工することにしました。
そして、畳をはめ込んで完成させたのが下です。ヘッド部分が写っていませんが、ちょっとした台のようになっています。

bed-a.jpg

湿気対策で、あえて空洞部分を多目に作っていますが、見た目はどうあれ、この上に布団を敷いてちょうど良い状態になりました。足は8本で支えていますので、かなり頑丈です。巨漢のゲストが泊まりに来ても対応できるかと思います。

あとは、父親が来た時、このベッドをどこに置くかが問題……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |