プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


田舎の生き物たち

先日、極小サイズのアマガエルが大量発生したことを書きました。まだかなりいます。昨夜も玄関戸に100匹ほど貼りついていましたが、害も何もないので、それはあまり気になりません。
しかし、この時期、雨が降っている夜に車を走らせると、足の踏み場もないほど道路を横断している状況に直面します。なかなかつらいです。ヒキガエルやカメが横断した時には車を止めましたが、アマガエルレベルだと、後続車両も考えると、さすがに止まれないですし、轢かずに通ることも不可能ですので・・・。

それから、うちの周りでは野ウサギがいます。うちの庭にはフェンスがあるので、野ウサギや猫の進入はないのですが、多くの家では、生垣だけですから、進入してきて、野ウサギは葉物野菜を食べ、猫は畑を荒らします。そのため、彼らは嫌われ者です。
野ウサギはすぐに逃げますが、猫はなかなか逃げない所為か、引っ越してきてまもなく、猫がかなり嫌われいているのにびっくりしました。

うちの庭の畑では、一番の問題は鳥です。その気になれば、何とか対策はできるものの、最小限のことしかしていません。というか、葉物野菜はほとんど作らないという手抜きをやってます。次はモグラです。超音波で寄せ付けないものもあるのは知っていますが、あまり長距離には対応しないようで、何個必要になるのか考えると、実行に移せていません。風車とか、ペットボトルなどの容器をひっかけた棒を地面に挿すなど、近所の人はいろいろとやっていますが、効果はどうなのだろうか・・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |