プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


古代の空中浮揚(反重力)のメカニズム、初公開!

古代人が利用した振動ベースの反重力技術。これは古代人の叡智の結晶です。

1年ほど前、あくまでも古代人が利用した空中浮揚(反重力)技術に限られますが、いろいろな発見に続いて、最終的に理論解明に及んだと感じた際、自ずと導かれる結論を自分ではなかなか受け入れることができませんでした。自分の当初の予想を大きく裏切る結果だったため、その後も完全に信じきれない部分もずっと残りました。人に説明するにあたり、完全に納得させられる具体例等、適切な方法を見つけ出せなかったこともあり、拙著『ついに反重力の謎が解けた!』においては、含めませんでした(1冊では書ききれなかったこともありました)。

しかし、量子力学における不思議な量子の振る舞い、例えば、二重スリットの問題や量子トンネル効果などの現象が起こる理由だけでなく、現在も多くの科学者が取り組んでいるある重要な研究に対しても、さらに一部の超能力現象に対しても一気に回答を与えてしまうこともあり、決して間違っていないと感じています。

空中浮揚技術を持っていた古代人は、波動性と粒子性の狭間に対する理解がありました。だからこそ、自然を尊重し、自然と同調した日々を過ごしてきただけでなく、無生物に対してすら、生物と同じように接してきたのだと感じます。我々はそれを過去数千年間で、軽視するようになってしまいました。因みに、ここで言う古代人とは、それ以前のまさに有史以前レベルに遡る時代に生きた人々だと思います。一部の賢人には知識が継承されましたが、それが一般人にまで教えなかった背景には、知識の独占といったものもあったとは思いますが、魔術として信じ込ませた方が失敗なしに巨石を運べたという実利面もあり、それも大きかったと思っています。

残念ながら、今の時代に、かつて古代人が行っていたことを完全に再現することはできません。しかし、いくつもの条件を揃えれば、重量軽減効果は確認できると思っています。

目先、抱えているプロジェクトがあり、すぐには取り掛かれませんが、この秋以降、拙著『ついに反重力の謎が解けた!』の下巻にあたるような本、つまり、きちんとメカニズムを記した本をいよいよ執筆しようと思っています。もちろん、拙著『ついに反重力の謎が解けた!』において、これらに繋がる思考法・アプローチ法は記してきましたので、それをベースに発展させていく道筋を具体的に示すものとなります。そして、科学において謎とされてきた様々なことが明らかになっていきます。

ただ、今度のセミナーにおいて、特別に一部先取りして公表しようと思います。自分が受け入れるのに戸惑ったこと、それを一部の方にも体験して頂きたいと思っています。

問題に解答・解説を同時に与えられても、人はなかなか学ぶことはできません。問題意識を持ち、試行錯誤の体験があって初めて、何が重要で、何を探したらいいのかが見えるようになります。体験がないと、何が重要なのかもわからず、先に進めませんので、拙著『ついに反重力の謎が解けた!』では、それに役立つと同時に、深い理解に誘うヒントをたくさん含めたつもりです。読者には未解明と思われる部分を繰り返し考えて頂くことで、何を知る必要があるのかが見えてくるようになると思います。そこで、こんなヒントがあれば、一気に先に進めるという話を今度のセミナーで行いたいと思います。すべてが最初に与えられると、重要な帰結を受け入れることもできないと思います。古代の反重力技術は、通常の学問以上に、その傾向は強い分野であり、あえて言えば、一流の芸術家を目指すような方が乗り越えるべき体験のようなものだと思います。

拙著を事前にお読み頂く以外、特別な予備知識は不要です。物理学の知識は障害となるかもしれません。むしろ、生物学の知識の方が役立ちます。そして、日々動植物に接し、コミュニケーションを大切にしている方であれば、より深く理解できます。文系の方の方が柔軟性があるかもしれません。本気で知りたいと思う意識さえあれば、誰でも理解可能なことを話します。
今まで解明できなかった理由は、やはり、無生物を含め、生物に溢れる周囲の自然環境と同調する意識が足りなかったことに尽きると思います。

コイツは頭がイカレテいると思う人もたくさんいるでしょうが、常識を捨てて、真面目に謎解きを考えながら情報に接して、それをご自身でじっくりと考えてみて頂きたいと思っています。


7月29日(土)『ついに反重力の謎が解けた!』出版記念セミナー
詳細およびお申込み:
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000001331/001/X/page1/recommend/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |