プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ベッド傾斜療法のその後

そのうちこのブログでもレポートすると言いながら、忘れていました。
ビジネスジャーナルでの記事 http://biz-journal.jp/2016/11/post_17122.htmlで詳述したように、ベッド傾斜療法は、血行を促進させ、代謝力が向上し、免疫力アップにも繋がると言われているものです。
傾斜角は5%がベストとのことですが、自分が自作したベッドの脚間の長さが2メートルを超え、5%で計算してみると、脚を17センチカットする必要があるということになりました。17センチという数字はかなり大きいです。体、マットレス、布団等がずり落ちてくる可能性ありです。いきなり17センチカットして困ったなぁ~ということにならないように、13センチカットで始めました。これは控えめの4%弱です。おそらく、みなさんがお持ちのベッドの場合、15センチ厚のコンクリートブロックを下に置くだけで、頭の方を5%程度持ち上げることができるかと思います。

5%よりも効果は小さいのでしょうが、ベッドを傾斜させてから1ヵ月経ちましたので、少しばかりレポートしたいと思います。
まず、4%弱ですので、体がずり落ちる感覚はまったくありません。そのあたりは特に違和感を感じません。
自分はアメリカで10年一人暮らしして、その間、医者にもいかず、風邪をこじらせ、何度も気管支炎も放置するなど、呼吸器を悪くした過去があります。朝目覚めると、普段でも鼻水や痰がいくらか出る傾向があるのですが、この症状は初めてすぐにもかなり改善されました。以前、アメリカに居て、咳込んで寝られないときなど、上体を起こして、ソファーをベッド代わりにしていたことがありましたが、それをもっと快適にした感じと言えるかもしれません。そのような意味では、呼吸器の弱い人には効果ありそうに思います。
但し、咳込むような症状がある場合、やはりもう少し傾斜を作り、5%あった方が楽になるのではないかと思います。
一方で、普段はまったく感じないことですが、とにかく足を使って、疲れたという場合、足が下に下がっていることになりますので、足疲れの取れ方が少し弱いのかもしれないという感じはします。
自分の場合、それはあまり大きな問題ではなく、現在の方が楽だと感じるので、今後もしばらく続けて行こうかと思います。

自作傾斜ベッド

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |