プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


春の恵み一段落

春は野生の健康的な草を食べる機会に恵まれます。
フキノトウに始まり、セリ、菜の花、ツクシ、ぺんぺん草、ノビル、ニラ、そして、今はフキの茎や葉、桑の実など。
先日は、桑の実を収穫して、ジャムを作りました。とても上品な味です。

畑では、鳥に食べられてもうダメだと思っていた絹さややウスイエンドウなどが一部復活。ソラマメは例年通り豊作で、連日食べていましたが、そろそろ終わり。
一方、栄養不足で玉ねぎやニンニクはあまり肥大せず、ジャガイモも石灰に影響を受けだ場所、連作傾向の場所、それ以外のところで、差がはっきりと表れ、全体的には生長が足りない。とはいえ、新玉や新ジャガはなかなか楽しめます。
また、この時期、夏大根の間引きの関係で、若くみずみずしいものが食べられる季節です。

稲も伸び、山の新緑が美しくなり、景色は良くなりましたが、妙に眠くだるい日が続いています。(汗)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |