プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


家の補修工事再開

畑仕事も忙しいのですが、そろそろやっておかないといけないので、家の補修工事を再開しました。
10本目の柱立てです。

今はいないですが、かつてシロアリに食われていた柱が1本あります。前の住人がリフォームの際、1本のみ放置しておいたものです。つまり、その柱は機能していない状態です。
重い梁を3本の柱で支えている場所があるのですが、それは内側の1本です。両側の柱で何とか支えているので、その柱の補修は後回しにして、結局、放置されたのだと思います。

難易度の高い補修なので、どうしようかと後回しにしていたのですが、ついに着手。
まずは、シロアリで食われた柱の隣にもう1本柱を立てることに。日常生活に支障がないように、畳1枚分の壁を剝がすだけで工事を開始。

先月だったか、床下に潜って、型にコンクリを流し込み、柱を立てるための基礎を作ってありました。
それで、ギリギリ差し込める床の穴からホゾを加工した柱を突っ込み、梁の底面に開けておいたホゾ穴に持ち上げるようにして差し込み、基礎から浮かしたところに、ホゾ穴開けた土台を滑り込ませ、柱をはめ込み、その土台を床下からジャッキで持ち上げ、梁をギリギリ浮かせるレベルで、土台と基礎の間にスペーサーを挟み込むという作業内容。

hashira20170530s.jpg

床下から出てきて、ドロドロに汚れた状態で、金具で補強。(笑) メインの作業は、シロアリでやられた柱(写真右)との連結。傷んだ柱は梁の部分で連結されているので、自動的に浮き上がる。それで、2本の柱に穴を貫通させ、ボルトで固定。
これで、何とか面倒な部分は終了。

hashira20170530-1s.jpg

hashira20170530-2s.jpg

あとは、次回やる予定ですが、シロアリでやられた柱の床下部分を切断。下からさらに支えるため、同様に土台をジャッキアップして、2本の柱ともに機能するように調整ということころです。毎回、難易度の高い作業が続いていますが、柱で言うと、あと4本かなぁ~。(汗) さらに難易度の高い作業が残っているので、3年後には終了させたいところ・・・。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |