プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ベッド傾斜療法の実践

去年、下記リンクのように、ベッド傾斜療法について紹介しました。
全身が傾斜するようにベッドを傾けて寝ると、血液の循環が改善し、代謝力が高まり、免疫力も上がるというものです。

http://biz-journal.jp/2016/11/post_17122.html

なかなか実践できずにいました。畳の上に布団を敷いて寝るのが習慣だったため、傾斜をどのように作るか悩んでいたのです。
コンパネの下に材木でも置けば傾斜を作れるのですが、材木を斜めにカットするのが面倒で先延ばしになっていました。

また、ベッドもあるのですが、納戸に突っ込んで、荷物に溢れ、引っ張り出すのがなぁ~という状態でした。
ただ、納戸の掃除を兼ねて、ついにベッドを取り出すことに。
都合が良かったのでは、ベッドを自作していて、その時の脚がかなり長かったこと。つまり、斜めにカットすれば、それほど難しいことではない。
もちろん、丈夫な市販のベッドを使っている方は、厚み15センチのコンクリートブロックでも下に置けば済むと思います。
ただ、自分が作ったベッドの脚は8本あるので、ベッドを壊さないように、全部の脚を斜めカットがベスト。
それで、ついにやりました。

まだ始めたばかりなので、なんとも言えませんが、ちょうど6月10日(土)セミナーあたりで、20日ぐらい試したことになるので、報告しようかと思っています。5%はきついように感じたので、当面、4%弱の傾斜で試すことにしましたが、寝心地は全然悪くないですね。また、こちらでも書いてみたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |