プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


6月10日(土)出版記念セミナー

自然・生物に見られる神秘に迫ることは、人間の健康や謎を知ることにも繋がります。特に、波動の観点でアプローチしてみると、意外なことが見えてきます。

しかし、「波動」と聞いて、ぼんやりと分かっても、具体的にはよく分からないという方が多いかと思います。多くの人が曖昧な知識なまま語り、怪しい印象を与えてしまっている背景もあるように思います。

そのような意味で、自分は「波動」という言葉はあまり好きではなく、できるだけ、音、色、光、電磁波といった具体的な言葉を使うようにしています。それらの要素が生物にどのような影響を与えているのか、それを理解できるようになれば、健康維持のメカニズムについても見えるようになり、波動を具体的に分かるようになると思います。

例えば、音と色は密接にかかわっています。色において、赤の反対は緑です。音波において、8Hzの反対は11Hzです。色は1オクターブしかありませんが、音の世界では11オクターブあります。8Hzでも64Hzでも512Hzでも同じ特徴を持っています。
ただ、音、色、光などの波動は、その浴び方次第で健康に大きく影響を与えます。周波数がまったく同じでも、強さが違うと効果が逆転することもあります。先日触れた、浸透圧のような原理も関わっています。

6月10日(土)は、具体的にどのような波動が我々を含めた生物にどのような影響をもたらすのか、健康の問題と絡めて話していきたいと思います。7月29日(土)には反重力をテーマにしたセミナーを予定していますが、これは、反重力について知る上でも役立つものになると思います。

6月10日(土) セミナー詳細:
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000001270/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |