プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


波動的視点による生命・自然現象から反重力まで~⑤振動吸引

 これまで4回連続して書いてきましたが、忙しくなり、少々間隔を開けてしまいましたね。過去の投稿を思い出しながら、お読み頂けましたら幸いです。

 地面から雑草を引き抜いたりすると、根にたくさんの土が絡みついていて、根を持ち上げたというよりも、大量の土を持ち上げたということがあります。特に土が湿っていれば、手で土を落とそうとしても、なかなか土を落とすことはできません。根もちぎれてしまいます。しかし、揺すぶると、根がちぎれることなく、土だけが落ちてゆきます。
他にも似たような例があります。掃除の汚れ落としの時も、強い力でごしごし大きなストロークで擦ってもなかなか落ちないことは多々あります。そんな時、力を抜いて、軽く小刻みに擦ると、簡単に落ちてしまったりします。

 これは、振動の力です。物質は粒子の集まりで、振動が加わると、結合力が緩み、生じる隙間により微小で希薄なものを取り込む吸引力を生み出します。そのため、根に絡みついた土も、揺することで落ちていきます。
 空気や水のように、間隙に入り込む側に立って考えると、初めから物質の内部に入りたがっていたところ、振動による間隙の発生で、入り込めるようになる訳ですが、その瞬間、押す力と同時に、引っ張られる力も、瞬間ですが発生します。これは、小規模爆縮のようなもので、障害物・フィルターを介して流体が流入します(この物質世界は、障害物・フィルターだらけで、浸透圧似の現象や、波動の吸収、透過、反射、散乱等で様々なことが決まってきます)。

 実は、振動は真空似の低圧空間を生み出し、流体を引き込む性質があります。振動ベースの空中浮揚の鍵は、ここにもう一つ別の要素が加わることにあるのですが、流体を空気や水で考えると、壁にぶつかります。
拙著『ついに反重力の謎が解けた!』において、人体空中浮揚のメカニズムに関して説明する際、いろいろなケースを引き合いに出して、まず空気や水について考えて頂きました。そして、その先のことをきちんと説明しませんでした。含めるかどうか考えながら、語ると物議を醸すかもしれない面もあり、結局、書かずに終わらせてしまったというところです。
流入する流体について語りだすと、さらに分量が増えますし、その先の重要なところは自身で考えて頂きたかったこともあります。ただ、作者の意図を読者に伝えるのは難しく、補足すべきと感じるところもありますので、7月29日(土)の出版記念セミナーにおいては、この先の核心に迫る部分にも触れたいと思っています。


http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000001331/001/X/page1/recommend/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |