プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


波動的視点による生命・自然現象から反重力まで~①浸透圧的な法則?

この世界を波動で捉えることで、様々なことが見えてきます。生物の健康に対しても、深い理解に迫れるようになるように思います。また、同じ視点で、古代人が関心を抱いてきた共振現象や反重力の謎にも迫れるようになると思います。自分としては、健康の問題も、反重力も、自然界の様々な現象も、同じ領域と感じます。

これから数回に渡って、自分が関心を抱いてきたことの一部を紹介していきたいと思います。初回は、この世界に見られる現象として、自分が重要視してきた浸透圧(似の現象)についてです。

物質世界では、あらゆるものが障害物となる一方、生物はその障害物を有効に活用してきました。浸透圧もその一つです。
浸透圧とは、植物が根を吸い上げる際に利用するもので、半透膜を介して、希薄なものが濃密なところに入り込み、平衡状態(等圧)を保とうとする作用です。ここで、根で吸い上げる水が希薄な水で、植物の上部に持ち上げられている水が濃密になっている水です。もちろん、実際には植物が根を吸い上げる際には、上方の葉や茎における蒸散や、水自体の凝集力(表面張力に関わる引っ張る力)も必要です。

さて、音の世界においても、似たような現象があります。似ているというのは、こじつけかもしれませんが、高い音が濃密で、低い音が希薄に相当するように感じます。音は一点から四方八方に球面波として伝わるのが基本ではありますが、現実的に、楽器やスピーカーの構造上、伝わる方向性があります。大音量の高い音は、鋭く耳に刺さるぐらい激しいものですが、楽器やスピーカーが指す方向から少し耳をずらすだけで、高い音は聞こえなくなり、伝わる距離も短いものです。一方で、低い音は体が揺さぶられるぐらいの強烈な体感を得ますが、方向性が消えて、遠くまで伝わっていきます。これは、どことなく、希薄なものが濃密なものの隅々にまで入り込んでいく現象と似ているように思います。

また、物体が放置されていると、自然と風化していきます。硬く緻密な(濃密な)石でできた彫像であっても、希薄な、砂や塵を含んだ風や雨に触れることで、次第に崩壊していきます。希薄なものが濃密なものに入り込もうとして、いずれ平衡状態に向かおうとする方向性です。ここで我々は、海の底で暮らす深海魚のように、重力や大気圧によって、地面という地の底に押し付けられているという背景もありますが、この世界では、希薄なものが濃密なものに入り込もうとする現象が様々なところで見られます。重力においても似たようなところがあります。

次回は、爆縮(インプロージョン)について触れたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |