プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


農繁期

今は一年の中で最も忙しい時期です。コメは作っていませんが、サツマイモ、落花生、里芋の他、いろいろと種まきがあります。
今日は雨のため、連日の農作業も休みですが、イモヅルをバケツに入れてあるので、本当は頑張って植えてしまいたいところです。
荒れ地に戻りつつある畑で、竹のような面倒な地下茎を掘り出し、植えられるように戻すのをすべて手作業で行っているので、1日で10メートルの畝1本が限度という感じです。
うちの周りでは、幸いキョンは目にしないのですが、猫とカラスが畑を荒らし、植えたつもりのイモヅルがいつの間にか消えてしまうので、マルチを使わないと厳しい状況。75本用意したイモヅルがまだ30本、畝にして1本ちょっとが残っていて、そのあとに落花生を畝4本分と里芋1本分をやるので、5月中旬まで掛かるかもしれません。

しばらく時間が作れそうにないので、6月10日のヒカルランドでのセミナー向けに、そろそろ中身を考えておかねばならないところですが、我々がどのように音、色、光といった波動に影響を受けているのか? 健康のバランスを回復させたり、長寿のためには、どのような周波数・波長のバランスで、それらの波動を利用できるのか? そんな部分に触れようかと思っています。
健康・長寿は、波動の浴び方でかなりの部分が決まってくるものの、誰もがほぼ同じ条件でこの地上で暮らしているためか、軽視されてきているのではないかと思います。
例えば、感染症において、バクテリア、ウィルス、真菌といった原因だけに注目するのではなく、波動レベルで見ると、何が起こっているのか? それを考えてみると、波動の種類がもたらす影響力が見えてきます。環境汚染、食事、生活習慣等を超えたレベルの話をしたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |