プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


新刊『ついに反重力の謎が解けた!』が発売されました

いつものことですが、書き終えて読み直してみると、少々おかしなことを書いてしまったという箇所をいくつか発見。増刷されたら、第二刷以降での訂正となりそうです。

タイトルや見出しは、出版社側が決めたもので、いくらか微妙に感じる部分はあるのですが、本文は自分で書いていますので、内容にフォーカスしてお読み頂けたら幸いです。
前回、成功している世界中の対ガン民間療法を紹介すると同時に、がんのメカニズム解明にも迫った拙著のタイトルが、なぜか『底なしの闇の[癌ビジネス]』となったり、フィリップ・キャラハン博士の研究を追いかけながら、古代ミステリーの謎解きを行った拙著が、3.11の直後で、『原子力も石油も必要なかった 宇宙エネルギーがここに隠されていた』といったタイトルになったことを考えると、比較的的を射ているのかもしれません。(笑)

発明等目指しているような方にヒントになることがいくつも含まれていると思いますが、基本、文科系の方に古代ミステリーの謎解きを楽しんでもらうつもりで、書きました。
いずれにしても、他に類のない、楽しめる本に仕上がっていると思いますので、どうぞご一読頂けましたら幸いです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |