プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リバース・スピーチ用音源



学研より『リバース・スピーチ』が発売され、リバース・スピーチに関心を抱いて頂く方が増えつつあります。本の中で説明いたしましたように、リバース・スピーチは、自身が抱える健康や仕事上の悩みなどに対して答えを出してくれる場合があります。そのため、自分のリバース・スピーチを聞いてみたいという方もいらっしゃると思います。

そこで、最初に行わねばならないことは、自分の声を録音し、逆再生することです。音声や動画の編集ソフトを使用されている方であれば、簡単なこととは思いますが、いざ、やってみようとなると、面倒だと思われる方もいらっしゃると思います。
パソコンにマイクを接続して、動画編集ソフトで録音を行えば、その逆再生は簡単です。但し、一人で何かを語った際に、どの程度、リバース・スピーチが出てくるのか、個人差はありますが、難しい場合もあります。一人では、冷静になり過ぎることがあるからです。

例えば、家族や友達とリラックスした状況で会話をしたり、逆に険悪な雰囲気の中で口論したような場合の方がリバース・スピーチが現れるケースがあります。そんな場合、音声はICレコーダーに録音して、パソコンにデータを移して、逆再生してみた方がいいでしょう。
但し、録音を行う場合は、必ず会話の参加者全員に事前に許可を取って下さい。こちらでも、リバース・スピーチ分析を頼まれた場合、発言者の同意がない音源の分析に関しては、お断りせねばなりません。

分析に関しては、多くの場合、ご自身では難しいと感じられると思います。音源データさえあれば、こちらで分析サービスを行っておりますので、お問合せ下さい。もちろん、秘密厳守で行っております。
リバース・スピーチには発言者の本音が現れる傾向がありますので、時に、本音を知らない方が良いこともあります。とてもセンシティブな問題にかかわりますので、分析サービスをお申込み頂く際は、十分検討されてからよろしくお願い致します。

驚異のリバース・スピーチ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |