プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


工事再開 ~ 9本目の柱

ここしばらく、暑かったし、忙しくしてきたので、なかなか手を付けられなかった家の補修工事、ようやく再開しました。
玄関入ってすぐの柱、なぜか基礎がないんですね。(汗) 宙に浮いているんです! いや、正確に言うと、沈んでいたんですね。
両脇の柱には負担が過剰に掛かり、片側は裂け始めていたというぐらいヤバかったので、しばらく前に補強の柱を入れておいたのですが、そこにかかる負担は変わらないので、沈んで(浮いて)いる柱を何とかすることした。
その沈んでいる柱と連結している梁を持ち上げて、その柱の下にコンクリートブロックかピンコロを突っ込んでみる方法もあったんですが、正確な作業が難しい。試行錯誤の結果、隣にもう1本柱を入れるのが楽だということになったんですが、その場所は玄関入ってすぐ。少々目立つ場所。なんとかきれいに作業をしないといけない。
というわけで、時間をかけて水平な基礎を作り、梁の底面にはホゾ穴をノミで開けた。ハシゴに乗って、真上を見上げて、梁の底面にノミで穴を開けるのは、首が痛くなって大変。まあ、毎度同じようなことをしてきたのですが・・・。
で、何とか終わらせて、柱を突っ込むすぐ隣の位置で、ジャッキで梁を持ち上げて、柱を突っ込み、アンカーにボルト固定。
天井にも穴を開けたので、見上げるとボロボロに汚いのですが、まあ、わざわざ見上げる人も少ないだろうということで、天井の貼り替えは後回し。とりあえずは、完成ということにしました。
トータルすると、追加した柱は9本。ただ、あと6本は追加する必要があるので、今後3年ぐらいを目途に進めたいと思っています。
それが終わったら、屋根の補強になるので、先は長いですが、それまで大地震も暴風もないことを祈るしかない・・・。

玄関柱201610

玄関柱201610-2


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |