プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


雨戸のペンキ塗り

ここ最近、朝の冷え込みが厳しく、寒さで朝方に目が覚め、トイレに行くという状態だったため、昨夜は布団で寝て正解。ちょうど良かった。こちらは、標高は70数メートル程度ですが、海から遠い山の中なので、冷え込みが厳しいようです。

という訳で、昨日は、朝は涼しかったこともあり、南側の日当たりで雨戸のペンキ塗りを行いました。先日、話していたように、無垢の木のままで、少々劣化が進んでいて、これ以上放置すると、雨戸の機能が危なくなるという状態でした。ペラペラ、パカパカという場所もあり、少し補修しながらも、ペンキを重ね塗りすることで固めてしまおうと考えて、まずは1回目の塗りで、11枚のうち、5枚塗りました。

しかし、午前中は涼しかったのに、10時半過ぎてくると、南側の日向にいると、すぐに汗だく。途中で、1回水分補給を行い、12時半に8割方終わらせ、昼食後に、一部の塗り残しを1時間程度掛けて終わらせましたが、厳しかったですねぇ~。その日はその後も水分補給が必要で、普段の倍ぐらい、水を飲みました。

で、炎天下で一気にペンキが乾いた所為か、雨戸がしなってしまい、動かすと網戸と擦れる状態になっていて、暑すぎる時にやったのがいけなかったのかと思ったのですが、今日、再度雨戸を見たら、しなりが減っていて、だいぶ戻っていたので、助かりました。

2度塗り3度塗りは、さすがに厳しいので、数年おきにやろうかと…。ペンキ代もかかることだし…。(汗)
しかし、まだ6枚残っている。乾くまで立てかけておく場所の確保の問題もあり、6枚は結構大変で、次回、いつやるべきか、少々重いムードです…。台風シーズン前には終わらせておきたいところですが…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |