プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


古代の反重力装置

古代に反重力装置として利用されていたと考えられる碗状石です。
碗状石は、エジプト、ペルー(インカ)、チベット、アイスランド等で発見されていますが、写真のものはエジプトに現存するものです。
生贄の血受けだとか、おかしな説を主張する学者もいるようですが、碗の縁の上に巨石を載せて、空中浮揚させて運ぶのに利用されたと考えられそうです。「冗談だろ?」と言われそうですが…。(笑)
円形部分の直径は1メートルほどで、一辺1.5メートルぐらいの巨石は載せられたようです。
スペイン人がインカに攻め込んだ際には倍ぐらいの大きさのものもあったとのことです。
同じ規格でいくつも生産されていたので、高速道路脇の電話ボックスのように、運搬路に一定の間隔ではめ込まれて使われたのではないかと推測しています。
あまりにもシンプルな石で、ハイテク装置には見えないでしょうが、巧妙な仕掛けがあります。
作れるものなら、自分でも作りたいものですが、表面の砂をはらうと、美しい半透明状の結晶からなる巨大な石英の塊です。他に一部の花崗岩でも代用がきくかもしれませんが、やはり、石英である必要があると思います。

30日(土)の講演会で、この碗状石に関しても触れたいと思っています。

levitation2.jpg

levitation4.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |