プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


タケノコ三昧

友人の土地でたくさん孟宗竹が生えているので、自由に持って行って構わないということで、過去1週間ぐらいの間に3本と2本の2回、タケノコを掘り出しました。最近は様々なタケノコ料理を食べています。
うちのすぐ隣が大多喜町で、高級タケノコの名産地です。収穫した場所は隣のいすみ市ではありますが、比較的土壌も良く、美味しいタケノコを頂きました。
ただ、大多喜でも本当に美味しいとされるタケノコを食べておらず、各地の食べ比べもしていないので、何とも分かりませんが……。
食べ比べを行ってきた人によると、大多喜町でも粘土質の土壌で採れたタケノコが美味しいようです。拙著『「粘土食」自然強健法の超ススメ』(ヒカルランド)でも触れましたが、粒径の小さなモンモリロナイト(ベントナイトの主成分)を消化器系に入れて現れる効果と似たような効果が発揮されて、美味しくなるのかもしれません。
粘土質の土壌に含まれる栄養素をタケノコが効果的に吸収するだけでなく、保水性から常に一定の水分量を根に与えていけることも影響しているようにも思います。また、地形的に地上部と地下との電位差が現れやすいのかもしれません。
そんな優れた粘土質で採れたタケノコでは、アク抜きすら不要とのことです。機会があったら、食べたいというよりも、そんな粘土質の土壌を見に行きたいです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |