プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


年末年始の工作

昨年、スピーカーユニットを購入していたものの、ボックスを作る時間が作れず、そのうち何とかしないといけないと思っていたのですが、そんな矢先、オーディオを趣味とする友達が遊びに来るというので、慌ててスピーカー・ボックスを作ることにした。
本来なら、ホームセンターでMDFボードを購入する際、カットも頼んでしまうところなのですが、今回は、家にボードが余っていた。
カットだけ頼むわけにはいかないので、仕方なく、ノコギリでカットして、カンナとヤスリで調整しました。
スピーカーボックスは隙間ができて、空気がもれてしまうと、音質に直結するので、なかなか大変。大晦日と元旦の二日間で、大半をカンナとヤスリがけに時間をかけて何とか制作。
スピーカー・ユニットは直径8cmのフルレンジなので、A4版サイズのPC用スピーカーとして作りました。以前、激安小型アンプを購入していたので、ようやく組み合わせて鳴らせる状況になりました。約2400円のユニット2個で、ボードはあまりものを使ったので、約5000円のスピーカーということになります。台湾メーカーのユニットですが、音質も素晴らしいのですが、下から上までフラットに再生されて、その優秀さにビックリです。
きちんと箱が作れているのか微妙で、本来のポテンシャルを引き出せていないのかもしれませんが、それでもフルレンジ1発で、12cmクラスの2ウェイ・システムに迫るぐらいです。
しかし、タイミングを見計らったように、AVアンプの代用として使っていたミニコンポのスピーカー出力が故障したので、結局、まだPC用に使えず、テレビ・ビデオ用になってしまっています・・・。(汗) 

sp-w3-881sjf.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |