プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


日照り&マメハンミョウ大発生

6月終わり頃から今日まで約1ヶ月半、雨がほとんど降っていません。5月と6月の2か月間は、あまりにも雨が多く、土が乾燥した日は一日もなく、コケが生えてきて困りましたが、そのあとは、急に日照り続きです。東京では、雷雨が3回ぐらいあったようですが、こっちではさっぱりです。
それで、借りている畑で植えていたカボチャは、濃い緑色から茶色っぽくなり、ほぼ枯れてしまいました(水が撒ける自宅庭でのカボチャは、ちゃんと収穫できています)。サトイモも、周りに雑草マルチをしていましたが、水がなくて、成長ができていません。サツマイモは大丈夫だと思いますが、落花生が微妙に気になるところです。基本、落花生は、非常に乾燥に強いのですが、それでも、これだけ長期の日照りの場合、さすがに厳しくなります。
畑まで水を持っていく方法を考えるか、天任せにするか、悩むところです…。

また、畑では、大豆(枝豆)を植えているのですが、日照りで免疫力低下の所為もあるかもしれませんが、一部は枯れてしまい、他はマメハンミョウの大群に襲われ、葉が全部食われ、茎だけとなり、かなり枯れつつあります。マメハンミョウは、君津・木更津の畑でもそこそこ居て、いくらかやられたことがありましたが、勝浦では、半端じゃないレベルです。マメハンミョウは、外見はホタルを少し大きくしたような昆虫で、体液に猛毒があるため、皮膚に付くとただれるようなので、潰して退治することはもちろんできません。農薬を使えば、すぐに撃退できるようですが、自分は無農薬でやっているので、今シーズンは諦めです。

マメハンミョウは、幼虫時代にイナゴの卵を食べて育つため、イナゴがいない地域では、マメハンミョウもいない訳で、このご時世では、マメハンミョウの被害は昔の話で、全国的にも珍しいようです。みなさんのところで、マメハンミョウ出ませんか?
因みに、庭では、ニンジンの葉にもマメハンミョウは見かけますが、大発生はありません。違いは何のでしょうか? 考えられることは、①庭では水が撒けて、枝豆がより健康で、免疫力がある。②人家のすぐ近くでは大発生しない? ③狭い庭には、様々な種類の植物が混植されているので、コンパニオンプランツ的な効果が現れている(庭では枝豆とトウモロコシを一緒に植えている)。
他にも理由がありそうですが、来期は、畑においても、混植してみようかと考えています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |