プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


マコモダケ

先日、ホームパーティーを行い、近隣の友人から収穫したばかりのマコモダケとカボスをたくさんもらった。
湿地帯に生えるマコモは巨大に成長して、根元部分が食べられ、葉の部分はマコモ茶として飲みます。マコモ茶は、葉にお湯を注ぐだけでは色も味も出ないので、煮出す感じですが、全然癖がなく、おいしく飲めます。カボスは大量にあるので、ホットレモネードのようにして飲んでいます。それで、連日のようにマコモ茶とカボスード?を飲んでいたら、朝起きたとたんに便がすっきりと出る。カボス効果なのか、マコモダケ効果なのか、はっきりしませんが、おそらく後者ではないかと思っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |