プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


仮題『聖なるカエルとの対話』

書き終えてから少々時間がかかってしまいましたが、近く、(仮題)『聖なるカエルとの対話』が明窓出版より出版される予定です。本作品は、私が4年前に君津市久留里近辺に拠点を移し、そこで体験した不思議な出来事にいくらかの脚色を加えて、ストーリーとして楽しめるような「スピリチュアルな知的アドベンチャー」とでもいうべきものです。

新聞社で働いていた経験のある自分が、フリージャーナリストとして、これまでのスタイルで書き進めるには、科学的・客観的なデータの収集が困難で、どうしても完成させることができない。しかし、タイムマシーンが完成しない限り、検証不可能な内容であっても、可能性としてはあり得るような説を紹介していくことも時には意義があると感じていました。そんな場合にどうしたら良いかと考えていた中、出来上がったのが本作品です。

日々の生活で、不思議な体験をして、最初のうちはその意味するところが分からなくても、2回目、3回目の出来事を体験することで、意味のある流れが見えてくる場合があります。そんな日常生活での体験に基づいて、4回目、5回目にはどのような体験を得るのか、いくらか予想できるようになる場合がありますが、途中までの流れを元にして、その後を推測して、まとめあげたのが本書と言えるかもしれません。

テーマは、超古代からの今日までの間に変化してきた自然環境と人類という壮大なものですが、東日本大震災の経験と、その前後に渡って観察してきたアマガエルの行動を関連付け、人類の過去と未来を占うものになっています。非常に真面目で深遠な展開ではあるのですが、ユーモアを入れていて、実際のところ、「笑いと感動の家庭内(ドメスティック)アドベンチャー」というのがふさわしいのではないかと思っています。
発売されたら、是非とも笑って考えて頂きたく思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |