プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


反重力効果測定の難

なかなか時間が作れないので、少しずつしか実験は進められないのですが、重力効果の変動を正確に測ることは至難の業だと感じています。本題から逸れて、測定方法を研究せねばならない現実に直面していました。
重量の増減と思われるものは、はかりの数値に現れるのですが、対象物体のみにピンポイントで波動を浴びせることはできません。はかりにも及んでしまいますので、どうしも誤差が発生してしまいます。軽い物体を載せた時と重い物体を載せた時でも、その誤差は違いますし、決して比例するとも限らない。
というのも、はかり本体を床やテーブルにしっかり固定しても、上皿自体に重みがあるので、重力が変化すると、何も載せなくても数値が変動してしまうことがあるんですね。上皿に物体を載せても、結局は、上皿と載せた物体を合わせて計測するような状況になってしまいます。
軽量物体を載せると、本来、ありえないはずですが、重量にマイナス数値も出る(はかりの構造上、上皿を持ち上げると、マイナス数値が出る)。一つの可能性としては、上皿自体に重量があり、上皿が上に向かう勢いの方が乗せた軽量物体のそれよりも大きくなってしまうこと。もちろん、上皿の上下運動で勢いがついてしまう可能性も考えられます。
もう一つの可能性は共振の結果。はかりには、デジタル式の場合はひずみセンサーが、アナログ式の場合はバネが入っていて、ある特定の周波数・振動にそのセンサーやバネが共振してしまう。共振してしまうと、その勢いでいわば上皿を押し上げてしまうこともありそう。そのため、固有振動数の異なるセンサーやバネを使ったはかりを複数使って計測しないといけない。
また、風圧はそれほど問題ありませんが、さらなる可能性として、はかりを載せるテーブルや床も特定の周波数で振動することがあるので、それも考慮しないといけない。複数の場所(環境)で実験を行う必要があるということになりますね。
という訳で、重量変化を計測すること自体が相当にハードルが高いということが判明。数値はあくまでもアバウトな傾向を示せる程度という感じがしないでもありません。いずれ映像公開したいと思っていますが、はかりに表示される数値は、奇しくも波動を発した瞬間から大きく変動します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |