プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


1年ぶりの釣り

今年もホームパーティーでから揚げでも出したいので、小アジを50匹以上釣りたい。
ということで、1年ぶりに今日の午後に港に行ってきたのですが、思うようにはいかないですね。魚はたくさん集まってくるものの、今年は全然食いつかない。去年だったら、入れ食い状態のはずなのに・・・。夕方5時ぐらいになると釣れ始めるものの、暗くなったら帰ると決めていたので、今日は坊主だと思った。

が、4時45分ぐらいに、ようやくイワシが1匹。サイズもなかなかの19センチ。その後、23センチのカマスが1匹釣れた。しかし、これじゃあ~、から揚げにならない・・・。やはり、アジがほしい。ということで、5時15分まで粘ったら、ようやくアジが釣れた。結局20、22、23センチの3匹。サイズはいいのだけど、一口サイズのから揚げにはならない! 微妙な釣果。あと1・2回トライしてみようかと思うけど、結局、小アジを魚屋で調達してくることになるのかもしれない・・・。(汗)

それで、計5匹を持ち帰り、線量値に異常なしを確認後、どうさばくか考えた。イワシとカマスは今夜塩焼きで食べることに決定。アジは一番大きいのを刺身にして、残り二匹は3枚におろして、から揚げ用に冷凍庫へ。刺身用はカボス汁をたらして1日寝かせて、明日食べることに。

味見程度の量でしたが、一応、イワシとカマスは美味しかったです。

Fish20151018m.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |