プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


戸袋さんよぉ~♪

とぶくろさんよぉ~♪ とぶくろさんよぉ~♪ ネズミ怖けりゃぁ~♪ 塞ぎなよぉ~♪
という訳で、森進一の「おふくろさん」を思い出して、ネズミの侵入口となりうる雨戸の戸袋を塞ぐことにしました。

古い家なので、もちろん木の雨戸で、戸袋はネズミ対策がされておらず、壁を伝わって屋根裏に入ることができる状態です。雨戸6枚入る戸袋と5枚入る戸袋と二つあり、いずれもネズミ対策なし。
引っ越してきてからまだネズミはやってきていませんが、これはその前の対策の一つです。
片方の戸袋は、それほど難点もなく解体でき、壁側にべニア板を貼って比較的簡単に終わりましたが、もう一ヵ所の戸袋が問題でした。

というのは、基礎までしっかりしたウッドデッキが8年前に作られたのですが、その際、戸袋をぴったり覆うように建てられてしまい、ウッドデッキの解体なしに戸袋を解体することが難しかったからです。
あのネジを回したいのに、ウッドデッキの105ミリ角材が邪魔して回せないという場所が2か所。
いろいろと知恵を絞って、ウッドデッキを解体せずに戸袋を開けるために、一ヵ所はドリルで穴を開け、ネジの頭手前ピッタリでドリルを止め、そこにドライバーを差し込んで何とかネジを取るということで解決。狙った場所に一発で到達でした。もう一ヵ所は、面倒でしたが、ウッドデッキの側壁を外して解決。

そして、何とか戸袋を戻せるように解体して、ネズミ対策のべニア板を壁側に貼りました。中を見てみると、キクイムシにやられた木部が数か所あり、そこは板を取り換えました。また、怪しい部分は、掃除して、防腐・防蟻ペンキを塗って、戸袋を締めました。
また、前の人が、長すぎるネジを使っていて、一番奥に仕舞った雨戸がネジの先端部にぶつかり、雨戸が使う度に削れて崩壊していくという状態だったので、それを適切な長さのネジに変えて、解消。
どうやら、前の人は雨戸を使ったことがなかったようです。確かに、この周辺では、雨戸を使う家は少ないようです。
ただ、うちはカーテンを買い揃えていないこともあり、雨戸は必要。という訳で、何とか使えるようにしたことはしたのですが、雨戸が引っかかったり、ボロボロになってきているので、崩壊する前に、ペンキを塗らないといけません。前の人は無垢の板のまま、戸袋にしまっていた感じで、不便に気づかなかったのか、面倒だから、使わないようにしていたのかは分かりませんが…。
とりあえずは、雨戸の削れた部分にパテを埋め込んで、補修したので、次回はペンキ塗りに入ります…。11枚は多いですが…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |