プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


野菜の生食

日頃、野菜はできるだけ自給したいと考えているため、
良く消費する野菜は多目に植えていましたが、
サツマイモ、白菜、カブなどは1月末頃には消費してしまい、
ついに、残っていた大根もそろそろ終わりが近づきました。
そのため、この時期になると、久々に野菜を買うことになります。

普段、大根もニンジンも、もちろん加熱料理に使いますが、
必ずサラダとして生のスティックを食べます。
そうすると、味の違いがよく分かるようになりますが、
どうしても外で買ってくる野菜は、味がないという印象があります。
肥料で過剰に太らせるためなのかは分りませんが、
大根では辛味や甘味、ニンジンでも甘味に、かなりの違いが出ます。
また、独特の味や匂いも消えてしまうように感じます。

私の畑は、いわゆる荒地で、肥料をほとんど与えないため、
あまり肥大しないのですが、味はとても濃くなります。
ニンジンも、色は薄くなりますが、甘味はかなり乗ります。
色が濃く鮮やかな野菜は、見た目には良いのかもしれませんが、
栄養分に関しては、スパルタ的に厳しい条件で育てた方が、
概して色は薄くなる印象ですが、食味に優れるように思います。

日頃、生で食べていないと、おそらくこの違いはなかなか理解されない
のでしょうが、もし、習慣的に生で食べていれば、選択の基準は
決して鮮やかな見た目ではないことが分かると思います。
しかし、サイズが小さく、見た目も悪いものをより高い価格で
販売することは至難の業です。生産者は消費者が求めるものを作りますので、
やはり、消費者はいろいろと学んでいく必要があるのではないかと思います。
もちろん、生産にかかわる側が情報を発信していくことも重要なのですが、
生産者は、どのような作物であれ、自分が作るものを売りたがりますので、
消費者が求めるものを作った方がリスクが少ないということになってしまうのが
実情でしょうか…。

まだ周囲には雪が残っていて寒いですが、そろそろ春が近づいてきました。
これまで、畑仕事はややご無沙汰気味でしたが、
来月上旬あたりにジャガイモを植えるべく、準備をはじめ、
ようやくなまった体を動かすようになりました。
人にあげていつもすぐに消費しきってしまいますが、
スペースの関係で、今年もダンシャク3㎏、メークイン3㎏のみです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |