プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


空中浮揚実験の準備

 空中浮揚実験の準備ですが、まずは資金を貯めることなので、なかなか厳しいのですが(汗)、可能な部分で一応進めております。肝心なことは、何をすべきか絞っていくこと。やみくもに様々なことを試しても、無駄な出費になるだけなので・・・。ただ、絶対的に必要なものはあるので、先日、「はかり」を購入して重量の変動を1グラム単位で調べられる態勢にしました。
 実験成功のためには、二つの条件を同時に成立させる必要があると考えていて、その一つは重要度99%ぐらい?で最も難易度の高いもの。もう一つは重要度1%ぐらいで難易度の低いものです。片方だけ整えてもしょうがないのはわかっていながらも、難易度の低い方の実験だけ行いました。
 それで、空中浮揚は無理なのですが、物体の重量を微妙に増減できる程度は確認しました。今の段階ではあまり意味がないので、まだ物体の素材や形状等に応じた変化まで調べていませんが、重量が減る方向と増える方向の両方が現れます。これは、残りの99%を決定するだろう、もう一つの条件がクリアすれば解決するはずだと思っています。物体に生命力を吹き込む台座に相当するものを準備できれば、極性が定まるので、重量を軽減させる方向に合わせればいいはずなので…。
 とはいえ、相当にハードルは高いです。思いつくことは頭の中でシミュレーションして試し、いわば消去法で、やるべきことを絞っていく……。とりあえずは、古代人のやり方の再現は不可能でも、何とかハイテク不使用の代わりの方法を見つけたいと思っています。また、年内には方針を固めて、二つの条件を合わせることでの相乗効果も確認できるぐらいには持っていきたいと思っています。古代人と同じやり方に関しては、本の中で読者に呼びかけるか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |