プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


新型アルト

お盆休みを終えて、久々の投稿になります。
半年前に車検を終えたのに、もう一台の方でまた車検でした。今年は出費が大きいので、やりたい研究も進められず、雑誌向けに数本まとめて記事でも書くかという感じで、忙しくしています。
前回の車検時の代車がダイハツのウェイクでしたが、今回はスズキのアルト。まだ走行距離3千キロ程度の新車状態。エネチャージ付きのCVTモデルで、リッター37km走るモデルでした。
アルトと言えば、47万円というイメージが強い世代なので、期待していなかったのですが、完璧に期待を裏切られました。内装は細部で安っぽいところはあるのですが、走らせてみると、ハンドルはしっかりしていて、直進性は高いし、安定感があって、剛性が高い。その割りに、ケツが痛くなるほど衝撃を拾う訳でもない。トヨタ的な軟らかい乗り心地ではなく、日産的な硬くカーブ走行向きという感じか。NAエンジンですが、特に力不足は感じず、なかなか楽しい車です。ドアミラーがマニュアル格納だったので、お値段は税込でも90万円を切るとか。デザインもなかなかいいので、この中身でこのお値段とは、大したもんだと思っちゃいます。
田舎で暮らしていると、車は足代わりなので、燃費と安心感が一番気になりますが、長距離走行がなければ、これで十分でしょうね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |