プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


先日のトークライブ、TOCANAに掲載されました

去る7月18日(土)、山口敏太郎さん、北芝健さん、水木ノアさんと、トークライブ『超不都合な驚知トーク 2015』を川崎で開催しました。その際、白神じゅりこさんが取材に来てくださり、TOCANA誌にレポートしてくれました。
下記のURLをご覧頂けましたら幸いです。

http://tocana.jp/2015/08/post_7012_entry.html



スポンサーサイト

コメント

R.S.について

TOCANAの記事を目にして、初めて「リバース・スピーチ」の事を知りました。
非常に興味深く感じたので、遅れ馳せながらコメントさせて頂きます。
とは言っても、専門的な知識は一切持ち合わせておらず、自分では理解に苦しむ箇所も有った為、その疑問点を挙げさせて頂きますので、もしも何がしかのご回答を頂けましたら幸甚です。
①表音依存度が低い場合、元の発言の音声との関係はどう説明できるのでしょうか?聞いている人にはほとんど気にならない程度のノイズとなっているのか?官能的な現象で、純粋に機械的な物では検知不能なのか?
②例えば、犬ではなく猫のように長い発声をする動物ならば、やはりR.S.が存在する可能性は有るのか?(もちろん、猫語が理解できない以上は立証は難しいでしょうが)
③R.S.を発信している事例ばかりと思われますが、受信の可能性については、どうなのでしょうか?本来、潜在的に能力を持っているのか?限られた者だけが超能力的に可能なのか?
④R.S.は無意識な発言ならば本音が現れて、犯罪捜査にも有用と思われますが、「必ずしも本音とは一致しない。 架空の主人公への感情移入によって別人になりきろうとする場合」(一部抜粋)という事は、恣意的なR.S.の発信も可能と思えますが(個人的な能力差は有ろうが)、そうなると犯罪捜査に逆用する事も可能ですよね?R.S.がずっとメジャーになっていない理由は、実はそんな所にも有るのでしょうか?
以上、長々と大変失礼致しました。
2015-08-12 14:18 匿名で失礼します #- URL [ 編集 ]

ご投稿ありがとうございます。
①表音依存度が低い場合は、元発言はまったく自然な発音でなじんでいますので、違和感が感じられません。違和感が感じられるのは、バックマスキングのケースです。また、表音依存度が高い場合の方に、偶然何となくそんな感じに聞こえる傾向が出やすいように思います。リバーススピーチはすべての発声に対して現れる訳ではありません。言葉に変換しやすい音を表で発した際に、部分的に拾っていけるものだと思いますが、リバース・スピーチが出やすいように表の発言もしゃべらされるといった傾向があるのかもしれません。発音は人それぞれですので、リバース・スピーチを音声認識ソフトで自動で読み取る技術はまだまだ難しいと思います。
②動物の鳴き声はいくらか聞いてみましたが、リバース・スピーチらしいものは発見できませんでした。オウムの場合、表音依存度の高いリバース・スピーチもどきを発見しましたが、それは、飼い主の言葉を完全コピーしたものだと思います。動物たちの無意識が人間の言葉として現れることはなかなかないと思います。
③誰でも受信できています。顕在意識では気づいていないだけです。二人で会話を行う際、リバース・スピーチ同士でも会話を行っているケースがあります。本人同士、それにまったく気づいていません。無意識は、個人的無意識、集団的無意識、さらに別の言葉では、ハイアーセルフなど、多階層に分かれていて、自分でもそう言われれば頷けると思える階層だけでなく、自分でもまったく気づいていない自分もいます。
④不可能とはいいませんが、ほぼ不可能だと思います。妄想の世界に完全に浸かるためには、自分自身のペースで集中してどっぷりと浸かる必要がありますし、その間、誰がどんなことを自分に話しかけてくるとか、意識する必要もありませんし、乱されることはありません。しかし、容疑者は想定外の様々な尋問を受けて返事をせねばなりませんので、有能な役者でも無理かと思います。
以後、ご投稿の際は何かニックネームをつけて頂けましたら幸いです。よろしくお願いします。
2015-08-13 09:05 keimizumori #v5lfmkqE URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |