プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


立体螺旋図解説、修正ですみません

5月末に行った講演会で、音・色・周波数に注目した健康のバランスに関して話をしました。そこで、バージョン1.0という感じで、健康のバランスを示す立体螺旋図のようなものをお見せしたのですが、さっそく修正が必要になってしまいました。すみません。(汗) というか、お見せした図は特に悪くはないかもしれないのですが、もう少し補足説明が必要だったかもしれません。中心軸に対して対立する位置関係にあるとしても、高さが同じであれば、周波数は同じというところをご理解頂いていれば、大きな変更はないのですが・・・。
例えば、癌といくらかのバクテリアが仮に同じ高さで中心軸に対して対立関係にあれば、それらは同じ周波数であって、同じ周波数同士、つまり、ホメオパシーの原理が働くということです。ただし、現実には高さが微妙に異なる、つまり、近いものの、周波数は異なるので、劇的に効く保証はなく、リスクもあるというのが、「ある感染症にかかると癌になりにくい」という説明になるかと思います。
それから、講演会で、ホメオパシーと予防ワクチン、退行催眠の関係性について話しましたが、ホメオパシーは回数を分けて水の撹拌によって作られることにきちんと触れませんでした。希釈してもエネルギー(電位差)が高まるので、いわばワクチン効果が生まれるのかもしれません。

先日、色と健康の関係を研究している先生に連絡を取ったところ、ご親切にもたくさんの資料を送ってくれたのです。そこで、少しずつ目を通していたのですが、波の合成や位相ずれに関して、どのように解釈したらいいのか、まだよく分からなかった部分があったのですが、実は、位相の違いはあまり気にする必要はない?というのが何となくわかってきた感じです。
膨大なデータベースのあるアメリカの技術で具体的な周波数の数値を割り出したあと、アメリカの技術の音だけではなく、日本の技術の色で治療することで、かなり効率アップが望めるような気がしてきました。
とはいえ、もう少し頭の中をクリアにしていかないと、バージョンアップも難しいので、しばらく時間はかかりそうですが、いずれ修正版を何らかの形で報告していきたいと思います。
上記、先日の講演会の参加者、または、DVDをご覧頂いた方のみにしか分からない内容かもしれず、重ねて申し訳ありません。

講演会DVD: http://www.keimizumori.com/dvdcd.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |